生徒会部ブログ

放送大学熊本学習センターの若者互助サークル生徒会部です よろしくね

  • 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

変性意識状態の再現

最近、最近あまり良くない。何が良くないって何も良くない。いくつかの異変が起きていることは確かなのかもしれない。指の筋肉が固まるくらい寒いと感じるのに汗が止まらない。感覚が死んでいる。情報に感情が乗らない。すりガラスの向こうから景色に触れているようだ。触れても触れていない。見えても見ていない。ただただ摩耗している。すごい勢いで感情が劣化している。一方で僕は自分自身が良い方向に変化しているとも感じる。今までにないくらい社交的になっている自分がいる。話しかける。話したい。話せる。しかしその一方で感情は乗っていかないのだ。情動が死んでいる。自分でよくないと思う。なぜ?自己欺瞞している。喜び悲しみ楽しみ。ただただ摩耗しているような気がする。ハイにならない。気分がついていかない。ここにいるという感覚が希薄になっている。何かしらカンフルが必要。
 
DSCN9617_R.jpg
真夜中の森に雨が降っている。フラッシュの光が吸い込まれていく。

DSCN9618_R.jpg
変性意識状態というものがある。いわば非常に強く気分が高揚している時。変性意識状態は強い現実との一体感、全知全能感、高揚感を感じる。精神や肉体などが追い込まれた状況、もしくは薬物などによって変性意識状態はもたらされる。そこまで持って行くのは今は難しい。そしてなにより合法的に行きたい。だから手っ取り早いのは瞑想。ここに来たのは瞑想するため。

DSCN9622_R.jpg
静かに雨や空気や冷たさを感じるようにする。感覚に集中する。過去とか未来とかについて考えることをやめる。現在このときに集中する。そして浮かんでくるものを観察する。浮かんできたものは恐怖。真夜中の森は怖い。想像がどんどん拡散する。恐怖が恐怖を増幅する。しかし怖いという感覚も未来の事を考えるから浮かんでくるものである。森から得体のしれない何かが出てきて自分を襲うかもしれないという未来の可能性。しかし現に自分はどうもしていない。考えることをやめ現在に集中する。だんだん恐怖は無くなってゆく。ただ自分はここで雨と冷たさを感じている。そのまましばらくすると視界がぐるぐる回り出した。めまいがして足がふらついた。
DSCN9623_R.jpg
自分と現実の間にはまだすりガラスがあるしあまり良くないのは変わらない。しかし雨や冷たさや空間を感じた時間、それは少し薄らいでいた気がする。 まだかなり時間はかかりそうだ。
  1. [ edit ]
  2. Oのひとりごと
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

openuni

Author:openuni
放送大学熊本学習センター若者サークルです。
いつでも遊びに来てください。
参加待ってます。
どうぞよろしく。

最新トラックバック

twitter

生徒会部公式

FC2掲示板

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。