生徒会部ブログ

放送大学熊本学習センターの若者互助サークル生徒会部です よろしくね

  • 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

自転車ってすばらしい3「お洒落だったりヘンだったり」

 イベント開催までの一週間、自転車について様々な角度から眺めて見て、そのすばらしさを啓蒙しようというこの企画。
 まったく反応のないままにイベント締め切り前になってしまいました(白目
 
 だけどとまりませんよ! やめませんよ!
 なんだか、ここ数日Oくんの個人的な趣味記事と合わせてすっかり自転車ブログと化している気がしますが、いいんです……ブログは半非公式だし、生徒会部って結構自由だし……俺今日一日すっげえ真面目な企画書書いてたけど……自由ってなんだっけ、それって感じだけど。


 愚痴はさておいて。
 はてさて、いよいよイベントの締め切りは明日。
 生徒会部団体での応募は締め切りましたが、まだ熊本競輪場HPでは募集を行っています。個人での応募は間に合いますので、センターで配布しているポスターを見て、ご興味をもたれた方は年齢を問わず、参加してみてください。
 



 
 
・・・



というわけで、自転車コラム第三回。
今回のテーマは「いろんな自転車」
自転車と一口に言っても、その数百年の歴史の中に様々なタイプのもの。
また、次世代の科学の発展に寄与したものもあります。



まず最初に紹介するのはこれ。
Ordinary_bicycle01.jpg

ペニーファージング型自転車。
詳細はリンク先のウィキペディアに譲るとして、この自転車をご存知の方は多いと思います。
が、こんなへんてこりんな形の自転車が本当に走れるの?
サーカスや大道芸専用でしょ?
それどころか、空想の産物で映画やアニメの中でだけでしょ? なんて思われてそう。

しかし驚くなかれ、この自転車なかなかすごいやつです。
どんな風にすごいかということをウィキペディアの記事から抜粋しましょう。

「全てを速度のために犠牲にした設計だったので、一定条件下での速度に関しては現在のロードバイクと比較しても遜色はなく、また無駄な部分がまるでないので100年前の乗り物とは思えないほど軽く、外観は洗練されている。このペニー・ファージング型自転車を使ってイギリス、フランス、アメリカなどでサイクリングや様々なレースが催された。この自転車はレースなどのスポーツ用途には最適だった。」

実はこの時代最先端のスポーツサイクルだったんですね。
人は見かけによりませんが、モノも見かけによらない。
このあたりについてはサークル部員のOくんが詳しいので、もしイベントや活動でお見かけしたら、お気軽に声をおかけください。丁寧に質問に答えてくれますよ。


さて、次に紹介するのはこちら
Laufmaschine_des_Karl_Friedrich_Drais_1817_(vorne_rechts),_gefertigt_durch_Johann_Frey
ドライジーネ

自転車としてはもっとも古い物の一つとなります。
まだ、ペダルやクランク、チェーンはなく、キックボードのように地面を蹴って進む自転車です。
当時はすでに、蒸気機関も発明され、ガソリンエンジン車も顔を出し始めた時代。
自転車の発明は意外なことに車や汽車よりも遅いのです。
残念ながら自転車の普及はペダル式自転車登場まで待たねばならず、これはもっぱら貴族の玩具として扱われていたようですが……
でもね、実は今海外ではこの足蹴り式自転車、見直されて普及し始めてるんです。
大人用ではありません。そう子供用の乗り物として。
日本で子供用の乗り物といえば、三輪車や補助輪をつけた自転車がポピュラーですが、外国の一部では、足蹴り式の二輪車を三輪車のように幼児の乗り物として与える場所もあるそうです。
なぜかといえば、この足蹴り式の自転車で遊んだ子供は簡単に二輪式の普通の自転車への意向ができるから、なのだそう。

僕といえば小学校一年生のころ、近所の空き地で転んで血まみれ痣だらけ慢心相違で「もうやだー;;;自転車なんて一生乗れなくてもいいもん。車の免許とるもん!」泣きじゃくりつつ補助輪をはずす特訓をしたものですが……小さなうちから、足蹴りタイプの自転車に乗っておけば、そんな経験もしなくて済む、ようですよ。

もっとも、自転車に補助輪なしで乗れた時の感動と達成感はプライスレスなすばらしい経験。
どちらが、良い、というものでもないのですがね。



さてお次に紹介するのはこちら。
1024px-Wrightflyer.jpg
ライトフライヤー

自転車じゃないじゃん! 飛行機じゃん!
というツッコミが聞こえてきそうですが、実はライトフライヤー号の完成は自転車の功績なくしては語れないのです。
動力飛行機を発明し初飛行に成功したライト兄弟は元々自転車屋さん。飛行機については根っからの素人でした。
グライダー飛行で有名なリリエンタールなど先達たちが残した様々な文献を読み漁り1から勉強したのだそうです。
しかし、ライト兄弟にヒントを与えたのは航空力学や工学ばかりではなかった。自分たちの日々の方便でもある自転車もまた彼らに智慧を与えたのです。
ライトフライヤー号には自転車チューブのひねりから着想を得たアイデアや、部品として実際に自転車のチェーンが使われています。ある意味飛行機は自転車が進化した姿、とも言えるのではないでしょうか?(鳥人間コンテストでは足こぎ式のグライダーを使ったりもしますし)
車でも機関車でもなく、一番最初に空を飛んだのは実は自転車だった!
なんて、そんなお話。



さて、最後に現代の自転車事情について。

日本では鉄道網や道路が発達していて、自転車はもっぱら趣味の乗り物、車を手に入れるまでのつなぎ、ちょっとそこまで用と認識されがちですが。
国が変われば道路事情も変わる。
ヨーロッパの一部などでは自転車専用道路が作られるほどポピュラーな乗り物ですし、電車に自転車を持ち込んで、遠乗りもできる、自転車専用車両なんかもあるそうです。

ちなみにOくんによりますと……
「日本にも自転車専用道路はあり、熊本にもいくつか自転車専用道路があります。最近できたのは学園大通りの自転車専用レーン。ただ利用はまだあまり浸透していないようです」
「他にも学習センターから少し走ったところにサイクリングロードがあります。これは僕が生まれる前からあります。熊本県道330号熊本山鹿自転車道線という名前で往復65kmほどあります。でもほとんど犬の散歩とかランニング道路と化しているのであまりお勧めはしませんが... 」
とのこと。
日本でも大震災以来、エコへの関心が高まりつつあります。
電力の消費もなく、CO2もPM2.5も出さない自転車への意識が高まっていくといいですね。

最後に自転車を楽しむ方法を乗るだけじゃない、というお話。
車やバイクはカスタマイズにお金も労力もかかります。
その点では自転車も天井知らず、ではありますが、ちょっとした工夫からでも眼に見えて見栄えよく変わるのが自転車でもあります、自分らしい個性を表現するにはぴったりの乗り物では無いでしょうか?
カゴを少し別のものに変えてみる。、車体にテープを巻いたり、ペンキで色を塗ってみる。サドルを皮製のもにしてみる。
どれも数百円から数千円で始められるカスタマイズです。

ちなみにOくん曰く……「そのままでも愛情をもって接していれば十分味が出てくるのでメンテナンスをしっかりと行っているだけでもいいかもしれません。見てくれはあまり良くなくても、所々さびがあっても乗りやすければ味があるかも。 あとカスタマイズは失敗しても元に戻せるものからやるのが良いでしょう。 ゆで卵は生卵に戻せないので」

とのこと。まずは大胆な改造よりも愛着を持って使っていくこと。
ジーンズや革製品のように、使う事自体が、自転車を育て、お洒落にしていく最初の一歩です。


最後にポタリングの記事でも触れましたが身近な自転車の使い方について。
旅行に出た時、車や公共交通機関を使うと、細かな場所への移動は一苦労ですし、駅や、駐車場単位の移動になりがちです。ですが折りたたみの自転車を車や電車に持ち込んで、旅行先で使えば、その手間や苦労も軽減できます。
物は考えよう。自転車は使いよう。

ちなみにOくんからの補足「日本で電車に自転車を持ち込む際は自転車は分解して専用の袋に入れて持ち込む必要があります。折り畳み自転車もそのまま持ち込むことはできず専用の袋に入れて持ち込む必要がありますのでお気をつけください」

まだまだ自転車専用車両などの普及には遠い。というのが現実のようです。
自転車の運用もマナーを守って、が大事ですね。



ともあれ、工夫やアレンジによって、フレキシブルに使用可能な乗り物として、自転車ほど有能なものはないのではないでしょうか?


さて、スポーツバイクや、シティサイクルについての詳細なお話はOくんの記事に譲るとして、
最後にお洒落な自転車やそれにまつわるリンク集をご紹介して、この記事を終わりにしたいと思います。
ご拝読、ありがとうございました。



自転車を探す人に超便利!オシャレ自転車屋リンク集!



(記事担当 部長)(一部補足 O)
  1. [ edit ]
  2. イベントコラム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

openuni

Author:openuni
放送大学熊本学習センター若者サークルです。
いつでも遊びに来てください。
参加待ってます。
どうぞよろしく。

最新トラックバック

twitter

生徒会部公式

FC2掲示板

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。