生徒会部ブログ

放送大学熊本学習センターの若者互助サークル生徒会部です よろしくね

  • 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

自転車ってすばらしい2「ポタリングのすすめ」

 大学生。それはモラトリアム。
 大学生。それはあらゆる挑戦を繰り返し、その可能性を模索する日々。
 大学生。それは人生に迷いながらも、自らの進むべき道を決める時。

 
 と、皆様目標に向かって日々勉強、切磋琢磨の毎日であろうと存じ上げますが。
 人生って寄り道迷い道も大事。
 急がば回れ、回れば急げ、風が吹けば桶屋、わらしべ長者、そんな毎日バタフライエフェクト。
 
 ちょっとした、気まぐれや寄り道、迷い道が、案外、将来や自分の目標への近道やヒントを与えてくれるもの。
 
 というわけで、前置きが長くなりましたが、今回皆さんにご紹介するのは、ずばりその迷い方。
 そして迷うことの楽しみ方、です





 
・・・


自転車コラム 第二回
「ポタリングのすすめ」


 ポタリングという言葉。聞きなれない方、初めて聞く方が多いと思います。
 これはサイクリングの一種、というよりは亜種と呼ぶべきもので
 目的地を決めずに散歩的に自転車に乗る、散策サイクリングのことを言います。
 語源を調べてみると『「のんびりする」とか「ぶらつく」意味の英語「putter」に現在分詞や動名詞を示す接尾辞「-ing」を付けた和製英語である』なんだそう

 散歩気分でちょっとそこまで自転車にまたがってのんびり走るのもポタリング。
 つまり自転車に乗ってる人ならば日常的に行ってる行為なのです。
 「そんなのつまらないよ。それよりも僕の素敵なプリウスに乗って、ちょっと阿蘇までドライブに行かない?」
 なんてお洒落男子が文句を言ってくるかもしれませんが。まあ、確かにドライブもいい。しかしポタリングにはポタリングのよさがあるのです。そう、ポタリングの醍醐味はのんびりなんとなく散歩的な気分転換にとどまらない。
 
 僕が思うに、ポタリングの醍醐味とは……



 あえて道に迷う!

 ことなのです。


 とりわけ車ではなかなか入れない路地裏、裏道、林に山道。
 自転車ならば、そういった普段訪れる機会の少ない場所の散策も可能でしょう。
 言うはやすし、行うは難し。
 なによりも百聞は一見にしかず。


 さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本番。
 今回は月曜日のセンター閉所日を利用して、ちょっくら自宅から黒髪、龍田周辺をポタリングしてきたので、以下にその写真とレポートを記述していこうと思います。
 
 (さて、ここでちょっと一息。よろしければ、あったかいお茶やお菓子を用意してください。のんびりとした気分で、僕の旅路にお付き合いする準備が整いましたら、どうぞ画面をスクロールしてください)






 「実際にポタリングに行ってみた~自宅から黒髪、龍田周辺編~」

IMGP2735.jpg
では早速出発してみましょう。

IMGP2736x.jpg
まだ見ぬ景色への憧れに部長の眼鏡もいつもの1.5倍くらい輝いています。

IMGP2737.jpg
今回は夕方には用事で帰宅の予定なので、黒髪周辺を散策するつもり。
そして熊本大学に運悪く、いえ運よくたどり着いたら終了という、ルールを設けました。
しかし、黒髪エリアに入るまでもなく、東海大学付近で早くも見知らぬ道を発見。


IMGP2740.jpg
ポタリングの真髄! それは迷うことに迷わないこと!
見知らぬ道あれば、即 突入!

1
期待と不安に胸を膨らませつつ進みましたが、10秒後には見知った道に出ました。
まあ、自宅周辺なんてそんなもんよねー。


IMGP2745.jpg
だけど大丈夫だよ! 案外知らない道なんて沢山あるんだ。
早速次なる不穏な気配を感じる路地裏を発見です。


IMGP2747.jpg
ずんずん。狭い、この狭い感! 出発から10分。早くもいい感じです。
レアモンスターと低確率で遭遇しそうなこの感じがたまりません。

IMGP2746.jpg
こんな道で前後からフルーツを持った暴漢に襲われたらひとたまりもありません。
特にさきっちょのとんがったバナナを持ったやつには要注意です。

IMGP2748.jpg
THE 路地裏。という感じがいいですね。ここまでくればやつらも追ってはくるまい。

IMGP2749.jpg
なーんて気分に浸っていたら早くも知った道に出てしまいました。
二度目のがっかり。



mini_IMG_4598.jpg
mini_IMG_4599.jpg
mini_IMG_4600.jpg
mini_IMG_4601.jpg
mini_IMG_4602.jpg

気を取り直してどんどん行きましょう。
ここから先は本格的に知らない道に入ったようです。
あいにくの一本道ですが、さすがに路地裏は静かで穏やか。
緑が眼に優しく、花期を迎えた紫陽花は、訪れたわが世に歓喜するかのように咲き誇ります。


IMGP2750.jpg
おおっと猫です! これは猫です! 見まごうことのない猫!
猫は路地裏の先住民。敬意を持って接するべき対象。
同時にポタリスト(ポタリングをする人)の守り神、トーテムでもあります。
私は自転車を降り、うやうやしく挨拶しようとしました。


IMGP2751.jpg
逃げられました。



IMGP2753.jpg
再び猫発見です。自転車を降りる間もなく逃げられそうになりましたが、実は一度逃げるのは彼らの流儀なんです。
そして少し距離を置いて、こちらを振り向きます。これが彼らの挨拶なのです。
しばらく視線を交わした後、彼は茂みの中へと姿を消しました。
まるで煙かなにかのように。

mini_IMG_4603.jpg
そして竹林の中に一匹。
まるでそこから世界のすべてを見通すかの如き聡明さを讃えた猫を見つけました。

mini_IMG_4604.jpg
矢庭に眼が合います。しかし白猫は恐れるそぶりも、逃げるそぶりも見せず。私とただただ、視線を交わしあい。
しばらくの後、一礼を持って別れを告げました……。



IMGP2755.jpg
度重なる猫たちとの出会いと別れを繰り返し、道なき道を突き進みます。



mini_IMG_4621.jpg
mini_IMG_4606.jpg
迷いレベルがだんだんと上がってきました。見慣れない道。不思議なもの。
眼に映るすべてが新鮮です。



mini_IMG_4643.jpg
そしてついにきました龍田川(注:白川です)。
この向こう側にはいよいよ、迷宮地域、龍田、黒髪エリアが待ち受けます。



mini_IMG_4644.jpg
mini_IMG_4645.jpg
mini_IMG_4646.jpg
mini_IMG_4647.jpg

さて、橋をひょいっとわたって龍田、黒髪エリアへ到達。
早速手ごろな路地裏へ、の前にちょっと寄り道。
あえて、自転車を降りて、どこかにフラっと立ち寄ってみるのも、ポタリングの醍醐味です。
今回は龍田山周辺を散策します。
まずは神社に参拝し神域へ踏み込むことへの許可を得ます。
もちろん神社と山の自然を守護する狛犬たちに一礼。
そして山へと踏み込みます。



mini_IMG_4650.jpg
mini_IMG_4651.jpg
mini_IMG_4654.jpg
mini_IMG_4660.jpg
mini_IMG_4663.jpg


神社を抜け、森の中へ。
昨日降り注いだ雨
しみこんでしっとりとした感触
地面を覆う枯葉のクッション越しに伝わります。
一歩一歩を踏みしめる感触が心地よい。

苔と葉っぱ、むせ返る緑の臭い。湿っぽいカビっぽさ。ああ、森。THE森。これ以上の形容が見つかりません。
ふっと頭上を見れば散乱する日の光、吸い込まれそうなほどに渦巻く緑。

山と森は水をろ過し蓄える天然の浄水器であり貯水槽。この自然守ってゆかねばなりません。

mini_IMG_4672.jpg
mini_IMG_4674.jpg
mini_IMG_4675.jpg
mini_IMG_4677.jpg
mini_IMG_4679.jpg


あえて道なき道を行き、斜面を下り、獣道を超え、視界が開けるとそこは紫陽花の園。
不思議な形の木に驚きつつ、寄り道はそろそろ、終わり、と、順路へきびすを返します。



mini_IMG_4682.jpg
mini_IMG_4683.jpg
mini_IMG_4684.jpg
mini_IMG_4686.jpg

さて、ここらで自転車へ再びライドオン! 龍田霊園脇の狭い路地裏に突入です!
どうやらこのあたりは再開発が始まった地区の模様。
新築らしい家や、空き地がちらほら並びます。
いい感じの迷宮具合です。



mini_IMG_4690.jpg
mini_IMG_4692.jpg
mini_IMG_4697.jpg
mini_IMG_4694.jpg
mini_IMG_4706.jpg
このあたりは古い区画と再開発区画が混在している場所のようです。
古きよき時代と新しい未来が交錯する時代の交差点。
どこか時間旅行をしているような気分になってきました。黒髪周辺ポタリングの面白さはまさにそこにあるでしょう。
途中に出会う、見慣れない動物、虫、植物もまた、部屋の中で勉強しているだけでは知ることの出来ない、貴重な発見。
どうやらこのトンボはオオシオカラトンボのようです。トンボはすぐに飛んでいってしまいがちで、シャッターチャンスを逃すことがしばしばあるのですが、彼はプロのトンボだったのでしょうか? こちらがギリギリまで近づいても逃げず、バッチリとその姿をフォーカスさせてくれました。



mini_IMG_4718.jpg
mini_IMG_4729.jpg
mini_IMG_4730.jpg
mini_IMG_4735.jpg
mini_IMG_4738.jpg


あえて知らない道へ、あえて面白そうな方向へ、自由気ままに進んでいきます。
どこへ行っても、どこへ向かっても、知らない道が知らない風景が目の前に広がる。知ってる道なんて一本もない。
迷うことはある意味自由だということ。
目的地の無い旅だからこそ、しがらみも背負うものもなく、ただ、ただ、赴くままに、進むことが出来ます。


mini_IMG_4688.jpg
mini_IMG_4711.jpg
mini_IMG_4744.jpg
mini_IMG_4745.jpg
mini_IMG_4747.jpg

個人的なポタリングルールとして神社仏閣お地蔵さんを見つけたら手を合わせる、というものがあります。
お地蔵さんというと道端にあるはげ頭の子供の神様。くらいの認識をお持ちの方も多いかもしれません。
お地蔵さん、すなわち地蔵菩薩は、本来慈悲の仏様であり、賽の河原にいる子供たちや地獄に落ちた罪びとたちに救済を与える役目を持っています。
また意外、と思われるかもしれませんが、泣く子も黙る鬼の統領、地獄の裁判官、閻魔大王の化身の一つともされるのだそうです。

さらに言えば、道祖神信仰と合わさって、旅や道の神様としても祭られています。
旅の途中、お地蔵さんを見つけたら手を合わせてみてください。
事故やトラブルから身を守ってくれるかもしれませんよ。



mini_IMG_4750.jpg
お地蔵さんのご加護も得て、気力万全! と、再出発! と思ったら、見慣れたセブンイレブンが……。
どうやら目的地に……

mini_IMG_4751.jpg
到着してしまったようです……





 というわけで、およそ二時間ほどにわたったポタリング。これにて終了しました。
雨上がりのちょうどいい気温とそよ風の中、なかなか素敵な午後のひと時とはこれにてお別れ。


 容量や時間の都合で乗せられなかった写真も数多くあるのですが、ポタリングの楽しさ、なんとなく伝わったでしょうか?
 こんなの車でいいじゃない、バイクでもいいじゃない、そう思われるかもしれませんが
 自転車は、燃料を気にしなくても体力が続く限りどこまでもいける。狭い道でもずんずんいける。途中下車が気軽に出来る。身体を動かせば健康にもよし、CO2もPM2.5も排出しない。なかなかいいことづくめな乗り物なのです。
 なにより、人の目というものは本来、人間の歩行速度に合わせて作られています。つまり時速4km~10km程度の速度がモノや風景を視認するにはもっとも適したスピードなんです。車やバイクでは見落としてしまうようなものも、自転車でのんびり走ってると、ふっと見つかって、気づいて、面白い発見を与えてくれるのです。


 自転車なんて高校生で卒業! なんていわず、もし、乗らなくなった自転車を車庫で発見したのなら、ちょっとまたがってみてください。そしてほんのそこまで、自転車に乗って散歩してみてください、知らない道へと踏み込んでみてください。まだまだ、自転車にも、自分の身の回りにも知らないことや面白いことが沢山ある。きっと気付くはずです。




 ただ一つ覚えておいてほしいこと。
 ポタリングで一番危険なのは帰り道。
 それはなぜか。
 ついつい、知らない道を通って帰りたくなってしまうから。




 ……ここ、どこだろ?


 というわけで、人生の迷い道から、部長がお送りいたしました。



(記事担当:部長)
  1. [ edit ]
  2. イベントコラム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

openuni

Author:openuni
放送大学熊本学習センター若者サークルです。
いつでも遊びに来てください。
参加待ってます。
どうぞよろしく。

最新トラックバック

twitter

生徒会部公式

FC2掲示板

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。