生徒会部ブログ

放送大学熊本学習センターの若者互助サークル生徒会部です よろしくね

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

日本古典文学はお好きですか?

 皆さん、お久しぶりです。Rです。
 単位認定試験も終わり、ほっとしている方も多いのではないでしょうか?

 さて、今回は私の好きな日本古典文学の中から、特に好きな『落窪物語』と『とりかえばや物語』という、二つの作品を紹介したいと思います。
 それではどうぞ。




『落窪物語』

 これは、継母にいじめられながら過ごしていたある女性が、素敵な男性と出会い幸せになるまでが描かれた物語です。日本のシンデレラとしてご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 自分のおかれた境遇に涙しながらも、継母「北の方」、「北の方」に言われるがままに冷たく接する父親「中納言」、そんな彼らを恨まずけなげに過ごす主人公「落窪の君」。その主人公の事を大切に思って救いたいと思っている侍女「あこき」。そして、主人公に恋をして、代わりに仕返しをしようとする「右近少将」。そんな彼らが織り成す物語となっています。
 シンデレラでは、シンデレラが幸せになって終わっていますが、この『落窪物語』は、その後についても書いてあります。その内容は、「右近少将」と「あこき」による「中納言」や「北の方」などの「落窪の君」へ嫌がらせをしていた人々への仕返し、その仕返しの種明かしなどです。
 また、仕返しをしてそこで終わりではなく、相手が反省したら親孝行をしていくというところもこのお話の面白いところです。興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてください。
 


『とりかえばや物語』

 この物語は、ある貴族に生まれた異母姉弟を主人公としたお話しです。男のように育った娘と、女のように育った弟。彼らは、それぞれ本来とは異なる性別のまま、美しく才能あふれる人物として世間の評判を集めていきました。
そして、ついには、姉は男として元服して妻を娶り、弟は女として天皇から入内するように命じられることになってしまいました。しばらくは、何とかやり過ごしていたものの、徐々に彼らの心境に変化が表れるとともに、入れ替わったままではどうにもならない状況におちいっていきます。そこで彼らがとった行動とは?
詳細が気になる方は、ぜひ、読んでみてください。



 
 さて、今回はRのお気に入りの古典文学を二つ紹介しました。「古典文学なんて面白くないんじゃないの?」と思っている方も中にはいらっしゃると思います。しかし、現代文学や近代文学にはない、生々しい部分や人間臭さをそのまま見ることができる面白さや、その当時の時代背景を考えながら読むことができるという古典文学ならではの面白さがあると私は思っています。今回のこのコラムをきっかけに少しでも、古典文学に興味を持っていただければ幸いです。

 ご覧くださり、ありがとうございました。



  1. [ edit ]
  2. Rの趣味コラム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

openuni

Author:openuni
放送大学熊本学習センター若者サークルです。
いつでも遊びに来てください。
参加待ってます。
どうぞよろしく。

最新トラックバック

twitter

生徒会部公式

FC2掲示板

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。