生徒会部ブログ

放送大学熊本学習センターの若者互助サークル生徒会部です よろしくね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

網田駅カフェ尺八コンサートの手伝いに行ってきました。

こんにちは お久しぶりです(^∇^*)。

今日は網田駅レトロ館の尺八コンサートのお手伝いに行ってきました。


DSCN0591_R.jpg

網田レトロ館の紹介 

DSCN0601_R.jpg
スポンサーサイト
テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真
  1. [ edit ]
  2. Oのひとりごと
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

甕棺だけではない!?~弥生時代の墓制3~

前回までの2回では「甕棺墓」「木棺墓」「土壙墓」について述べました。今回は、「方形周溝墓」について述べたいと思います。
それでは、どうぞご覧ください。


3、方形周溝墓

山川出版社、詳説日本史図録第3版によると「方形周溝墓」とは
「一辺10~15mほどの方形に溝をめぐらし、溝の内側に1m前後の盛土をして、中央部分に土壙や木棺墓を設けて遺体をおさめる。弥生前期に近畿を中心として出現し、九州から東北まで分布する。複数の遺体をおさめる墓や、いくつもの方形周溝墓が接してつくられることも多い。古墳時代初期までみられる(p20弥生時代の墓制より)」
となっている。

私は初めてこの記述を目にしたときに心が躍った。どうして?と思う人々も多くいるだろう。
しかし、この記述は私にとって、その当時の様子を色々と想像できる夢のようなものだったのだ。

複数の遺体をおさめる墓があることなどから「家族という概念がその当時にあったのかもしれない」と想像したり、「どうして、わざわざ溝を作ったのだろうか」などの様々な疑問を抱いたりと、溢れ出てくる考えが止まらなかった。

私のように心躍るなんて人は少ないかもしれない。しかし、文を読む中で「どうして?」と思った人は少なからずいるだろう。それこそが、歴史の楽しみ方の一つだと私は考えている。もし、歴史博物館や考古展示会等に行く機会があれば「どうして?」という疑問を探しながら見学していただきたい。そして、それを切っ掛けに歴史を「面白い」と思う人々がいれば幸いである。

では、最後に「方形周溝墓」を実際に見ることができる場所を一つあげて、今回のコラムを閉じたいと思う。

・塚原古墳群(塚原古墳公園)
熊本県熊本市南区城南町塚原にある古墳群。方形周溝墓・円墳・前方後円墳など約500基の古墳が確認され、うち77基が復元されている。入り口付近には塚原歴史民俗資料館があり、付近の考古・歴史等について知ることができる。

参考文献
山川出版社、『山川 詳説日本史図録(第3版)』2010年1月31日発行
山川出版社、『歴史散歩㊸ 熊本県の歴史散歩』2012年9月25日発行
ご覧いただきありがとうございました。
  1. [ edit ]
  2. Rの趣味コラム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

甕棺だけではない!?~弥生時代の墓制~2

皆さん、お久しぶりです。前回の記事から、随分と間があいてしまい申し訳ありません。
今回は、数多くある弥生時代の墓制の中から広範囲にわたってみられる2つの墓制を紹介したいと思います。
それではどうぞご覧ください。


さて、皆さんは「甕棺以外の弥生時代の墓制を答えよ」と問いかけられた際に何と答えるだろうか?
おそらく、多くの人々が返答に悩むことだろう。
中には、「あれの名前なんだっけ?」と思う人もいるだろう。

今回は、そんな咄嗟には出てこないけれど聞いたことがあるという人も多いと思われる2つの墓制について述べていきたい。

2、土壙墓と木棺墓
山川出版社、詳説日本史図録第3版によると、
土壙墓(どこうぼ)は「地面を掘り下げてつくった壙(墓穴)に、遺体を直葬する最も基本的な埋葬形態。弥生時代の全時期にわたってつくられ、広範囲に分布する(p20、3弥生時代の墓制より)」とされている。

木棺墓は「木製の棺に遺体をおさめた埋葬形態。棺用の木材加工には、磨製石器や金属器の使用が不可欠であったため、弥生前期の出現とされる。古墳時代前期まで広く用いられた(p20、3弥生時代の墓制より)」となっている。

これらの説明を読んでみて「これ知ってる」とか、「ああ、そういえばそうだ」と思った方もいるのではないだろうか。
前回のコラム内で述べた「甕棺墓」が九州北部に多く見られるのに対して、「土壙墓」や「木棺墓」は全国的に多く見られる。そのため、実際に見たことがある人も数多くいるだろう。

ここで一つの疑問が浮かぶ。
何故、多くの人々が見聞きしたことがあるにも関わらず直ぐに答えられないのだろうか

その理由として、考えられるものが二つある。

まず、授業内において重要視されることが少ないということが挙げられるのではないだろうか。
学校において日本史の勉強をする際には、どうしてもテストのことが頭にあるために重要語句ばかりに目が行きがちになってしまう。そのため、例え授業で触れられたとしてもテストに出ないからと頭の隅に行ってしまうことが考えられるからだ。

次に、甕棺墓に比べ身近にある為に印象に残りずらいと考えられるのではないだろうか。
人は珍しい出来事等は関心を持ちやすいが、普段から当たり前のように起こっている出来事は蔑ろにしがちである。
この事と同様に、甕棺墓という珍しい墓制には興味を持つが、全国的に見られる土壙墓や木棺墓にはあまり興味を持たない人が多いのかもしれないと考えるからだ。

以上に挙げたのは、あくまで私個人の意見である。
読んでいる方々の中にいは反対意見や、もっと違う意見を持つ人もいるだろう。
私は、それで構わないと思っている。

一つの疑問から個々人で、様々な事を考えてみる。それこそが、歴史の楽しみの一つだと考えているからだ。

この記事が、様々な疑問を持ち考えてみるという楽しみ方を知ってもらえる切っ掛けになる事を願いながら今回のコラムを終わりたいと思う。


参考文献
「山川 詳説日本史図録(第3版)」2010年1月31日発行


ご覧いただきありがとうございました。
  1. [ edit ]
  2. Rの趣味コラム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

openuni

Author:openuni
放送大学熊本学習センター若者サークルです。
いつでも遊びに来てください。
参加待ってます。
どうぞよろしく。

最新トラックバック

twitter

生徒会部公式

FC2掲示板

« 2015 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。